News

"Carnet des Parisiennes パリジェンヌ・ノート" 12/15号

2017.12.15
Carnet des Parisiennes

20170915_marine_01.jpg





好評連載中の "Carnet des Parisiennes パリジェンヌ・ノート" を今月もお届け。


PARISより毎月日本に届く、TARA JARMONからの"最新パリ通信"です。


パリ在住のイラストレーターMarine(マリン)さんの視点を切り口にした"今"のパリや、パリジェンヌのライフスタイルを、TARA JARMONの服を着たイラストとともに発信しています。




20171215_01A.jpg




12月のパリジェンヌは、パリの左岸にあるデパート、ル・ボン・マルシェでのお買い物帰りの女の子。


ル・ボン・マルシェは世界最初の百貨店と言われている、古くからパリジャン・パリジェンヌに愛されているデパートです。


老舗ながらも、モダンで大人っぽいディスプレイが多く、クリスマスシーズンのウインドーもいつも話題です。


今年のクリスマスのウインドーは、粒のような小さな赤い電球が無数に散らばった、シンプル、でも華やかでロマンティックなディスプレイです。




20171215_05.jpg




12月に入るとクリスマスツリーを飾ることは、フランス人には子供だけでなく、大人にとっても、わくわくする楽しみのようです。


この時期になると、各百貨店にクリスマスデコレーションやオーナメントの大きな売り場が設けられます。


ル・ボン・マルシェの売り場には、美しくデコレーションされた大きなツリーが何本も飾られます。




20171215_04.jpg




この季節ならではの売り場にはたくさんのオーナメントが並びます。


色や柄、形も様々で、毎年テーマを決めて買い換える人や、毎年少しづつ買い足して、コレクションのようにしている人など、選び方は多種多様のようです。


キラキラ輝くオーナメントは眺めているだけで楽しい気持ちにしてくれます。




20171215_06.jpg




こちらは右岸にある百貨店、ギャラリー・ラファイエットの巨大なクリスマスツリー。


ステンドガラスの丸天井と、カラフルでそれは大きなツリーが、毎年お店の目玉になっています。


今年はお菓子をモチーフにしており、カラフルでとても可愛らしいですね。




20171215_02.jpg




レースの白い衿がアクセントの黒のブラウスは、12月に気分にぴったりなノーブルな印象。


そこに、とびっきりキュートなドット柄のバルーンスカートを合わせました。


モノトーンでまとめることで甘くなりすぎない大人のキュートなスタイルが完成します。


リップとミニバッグに赤を取り入れることで、クリスマス気分を盛り上げて!




20170915_marine_08.jpg



December Recommended


12月のおすすめ




タラジャーモンではすっかり定番のがまぐちタイプのクラッチバッグです。


今回の新作はブルーやグリーンのグリッターが煌めく華やかな一品。



20171215_03.jpg



チェーンを出してショルダーバッグにしても、チェーンをしまってクラッチバッグしても使える2WAYのデザインが秀逸。


その日のスタイリングに合わせて持ち方もチョイスできます!




20170915_marine_08.jpg








Marine Shimoyama (しもやま まりん)


東京生まれ、パリ在住。
アパレルブランドのPRを経て、2006年に渡仏。
パリでグラフィックアートを学んだのち、2011年よりイラストレーターとして活動中。
フランスと日本を中心に、企業とのコラボレーションや出版物などのイラストを手がけるかたわら、パリの日常で見かけるパリジェンヌをイラストで紹介するブログ「パリウォッチ」をMadame Figaro Japon のウェブサイトで連載中。


ホームページ:marine-illustration.com
Instagram: @marineillustration





↓今回ご紹介したアイテムはこちらから


20171215_marine_TN.jpg

Category

Montyly Archive

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

Page to top